おはようございます!伊藤智子です。

今日もブログにお越しくださり、ありがとうございます。

初めての方は、「ブログのご案内 はじめに」をご覧ください。

このブログは月・水・金・日の朝、更新しています。

 

月曜日に「本日の英文」をご紹介するのが恒例になってきて、今日は4回目です。

せっかくなのでしばらく続けていこうと思います。

 

photo by Hiroyuki

ちょっと渋いお写真を載せましたが、ちゃんと理由があります!

 

本日の英文④

 

今日ご紹介したいのは、こちらです。

Every cloud has a silver lining.

silver lining とは、銀色の裏地、という意味です。

(日本語でも裏地のことをライナーということもありますよね。)

和訳すると、「どんな雲にも、銀色の裏地がついている」。

どういう意味だと思いますか?

 

雲にも色々な雲がありますが、特に雨雲を地上から見ると、暗くてどんよりしています。

でも、飛行機に乗ったことがある人はわかると思います。雲の上は、太陽と、真っ青な空しかない世界。そして、雲の上面を雲の上から見ると太陽に照らされてシルクのように輝いているのです。

 

この英文は、どんなに暗く見えること、つらく思えることにも、その裏側には明るい面、良い面がある、ということを表しています。

ものの見方を教えてくれている英文です。

「なんでこんなことが自分に起きたのだろう・・・」そんな風に思う出来事を、違う面から(雲の上から)見てみると、なにか自分にとって大切な学びやメッセージを見いだせるかもしれないです。

私は、この考え方を大事にしています。

自分の思うようにならないとき、「何か意味があるのかな」とか、「もしかしたら、今はわからないけれど、これで良かったのかも。」と考えるクセがついてきました。

そうすると、一喜一憂して気分を乱すことも少ないですし、本当に良い面も見えてくるものです。(良い面に気付くのに、時間がかかることはありますが。)

この英文は、試験にも出ることがあるので、ぜひ覚えてみてください。

 

それでは今日は、この辺で!

良い1週間にしましょう☆