おはようございます。伊藤智子です。

今日もブログにお越しくださり、ありがとうございます。

今朝、ある素敵なストーリーを知りました。

石を拾いなさい

昔、ある村に「聖人」が訪れました。

その聖人は、村の人に、こういいました。

「石を拾いなさい。そうすれば、明日喜び、そして悲しむだろう。」と。

 

村人は、なぜ石を拾わなくてはならないのだろうと思いながら、聖人のおっしゃっることだから、石を拾いました。

すると翌日、その石はなんと宝石に変わっていたのです!

宝石を手にした村人たちは喜び、そして「もっと拾っておけばよかった!!」と悲しんだそうです。

 

このお話の「石」って、なんだかわかりますか?

それは、「目の前の小さなこと」「失敗も含めたいろいろな経験」だそうです。

 

宝物だと思って拾う

なるほどー!!と思いました。

後になれば、小さなことだと思っていたことは、全部宝物になる材料だったとわかります。

でも、その時には「石ころ」だと思って、大事にできなかったり、気づかなかったりします。

でも、これは自分にとっての宝なんだ、と思えば、気持ちも変わってきますね。

 

この話をされていたのは、実業家としてご著書の多い斎藤一人さんという方です。

斎藤一人さんは、全部宝物になるとわかっているから、すべてのことを楽しめるそうです。

 

目で見て明らかに宝物と分かってから大事にするのではなく、自分がやっていることは、どれも宝物を拾っているんだ、という気持ちで取り組めるようでありたいですね!

 

それでは、今日はこの辺で!

 

この記事を書いた人:

東大卒 英語講師・キャリアコンサルタント 伊藤智子