おはようございます。伊藤智子です。

ちょっと感動したことがあったので、書きたいと思います。

7月初めの、ある相談

7月初めに、自宅学習ではどんな教材をやったら良いのかと、ある生徒さんから相談されました。

受験生はみな同じなのですが、やはり課題は「制限時間内に、問題を解き終えて得点力を上げること」でした。その生徒さんは特に、難しい文章を読みこなせるようになったからこそ、「点数に結び付ける」という実戦力を上げていきたい段階にありました。

そこで、センター試験の過去問を、時間を計って解くことをお勧めしました。

ちなみに、人によってアドバイスの内容は変わります。

例えば・・・

①まだ英語長文に慣れていない場合⇒1年分一気にやるよりも、大問ごとに1日1題解くイメージで、復習に力を入れて、長文慣れしていくのが良いです。

②センター試験なら必ず8割は超えるような人⇒普段は難しい文章を時間をかけて取り組んでいることが多いので、「易しめの文章を早く読む感覚」を忘れないために、週に1~2回、センターを時間を計って1年分解いたりするのがいいですね。

また、文法を忘れ気味だと思うならば、第2問を集中的に解くのも効果的です。

さて、その生徒さんには、80分以内に、1年分まとめてとくことをお勧めしました。

1年分といっても、解くのに80分かかるうえ、丸付け、復習も考えると、なかなか大変ですよね。

夏の間に7年くらいできたらいいな、と思っていました。

 

思いがけない報告

ところが、先日、「30年分、一通り終わりました!」と報告をいただいたのです。

もう、ビックリしました。

相談があってからちょうど1か月弱くらいしか経っていなかったのです。

聞くと、1日2年分とかやる日もあったそうで。

本当にびっくりしました。

英文を読み続けることって、なかなかエネルギーがいりますよね。

目標に向けて本気で努力していることが伝わってきて、感動してしまいました。

もちろん、人ぞれ状況が違うので、毎日センター2年分をやることを勧めているわけではありません。

でも、自分でやろうと決めたことをやりきることで生まれる自信は、その人自身の力になるので、その部分は、ぜひ皆さんにも参考にしてほしいと思います!

それが、夢を手にする力になってくると思うので。

それでは、今日はこの辺で!

 

 

この記事を書いた人:

東大卒 英語講師・キャリアコンサルタント 伊藤智子