おはようございます!伊藤智子です。

前回はいつから大学受験生なのかという記事を書きました。

言い換えると、受験勉強はいつからすればよいのか、という内容でした。

それでは、そもそも受験勉強とは何をすることなのか。普段の勉強とは違うのか。

疑問に思う人もいると思います。私自身は、高校1,2年生の時はかなり疑問に思っていました。実は私は、高校3年生になるまで塾に行くことができなかったので、「塾に行っている友達は受験勉強をしているけれど、自分はできていないんじゃないか。」などと、とても心配していたんです。

でも、受験勉強ってなに?ということがわかれば、そんなに心配することもありません。

ということで、今日はこのテーマで書きたいと思います。

 

英語指導風景

受験勉強は普段の勉強とは違うのか

まずは私の話になりますが、前回の記事で、私は高校2年生の1月1日に自分で決めて受験生になった、ということを書きました。

その際、あえては書かなかったのですが、1月1日から東大に向けて一生懸命勉強し始めたのか、というと、実はそうではありません。

それでは私の場合は到底間に合わなかったと思います。

高校2年生の冬頃には、特に英語に関しては、大学受験に必要な基礎知識(センターレベル)は終わっていたように思います。

では、その勉強はいつから始めたのかというと、これはもう、中学生の時からの積み重ねとしか言いようがありません。

だから、普段の勉強と、受験勉強は別物ではなく、普段の学校の勉強は、受験するための学力の土台、基礎をつくることになるわけです。

もし、昔の私のように、「学校の勉強はちゃんとやっているけれど、これは受験には役に立たないのだろうか?何かほかに、特別な受験勉強というものがあるのだろうか。」と不安になっている人がいるならば、まずは安心してください。それは大事な基礎固めをやっていることになるのです。

受験勉強とは

普段の勉強で土台を作るのが大切だといいました。

そのうえで、あえて受験勉強とは何かを書くと、目標とする大学の過去問レベルが解けるようになるための勉強ということになります。

学校で教科書中心の勉強だけしている人が、難関大学の過去問を見たら、おそらく全く解けないと思います。(学校で過去問を多く扱って授業をしている場合は別ですが。)

過去問が解けるようになるには、何が必要か。

①高校での履修内容全体を把握し、頭に入れておくこと。

⇒学校のテストでは、範囲が限られていることが多いですが、受験では「全範囲」を頭に入れる必要があります。

②応用知識を増やすこと。

⇒受験する大学が求めるレベルによりますが、例えば早慶に合格したかったら、特に細かく正確な知識量が必要になります。

③応用問題を解く訓練をすること。

⇒大学ごとに出題傾向が違いますが、超長文が出題される大学なら、それを読み切る「英語の体力」をつける必要があります。

④制限時間内に解き終えるようスピード強化をすること。

⇒これがかなりポイント。どれだけ知識があっても、時間内に回答できなかったら合格できません。

 

こんな風に、志望校のレベルと出題傾向を見ながら、自分が本番にそれを解けるように勉強するのが受験勉強です。

さらに付け加えると、上記を見てもわかる通り、一朝一夕で完成するものではありません。だから、1年なり2年なり、一定の時間、自分のモチベーションをコントロールしながら勉強を続けるスキルも大切になってきます。

 

どうですか?ワクワクしてきましたか?

自分の目標に向かって、知力、体力、精神力を使ってチャレンジしていく受験は、取り組みようによっては、本当に自分を成長させてくれます。

そのコツは、やはりチャレンジを楽しむことです。

これから受験勉強を始める高校2年生のみなさん、ぜひ、記事を参考にして、自分の受験生活を組み立てていってください!

自分の受験について相談したい方は、相談も受け付けていますので、下記のサービスのページも見てみてくださいね。

それでは今日は、この辺で!

 

この記事を書いた人:東大卒 英語講師・キャリアコンサルタント 伊藤智子

■受験相談・学習相談をしたい方、大学受験指導のお問い合わせ等は、サービスのご案内のページをご覧いただいたうえで、お問い合わせください。