おはようございます!伊藤智子です。

こちらのブログにお越しくださる方の多くが、「覚えるべき 英文」というキーワードで検索してくださっています。

きっと、受験勉強で、「これだけは覚えておくべき」という英文を探してのことだと思います。

そして、こちらの記事(「大学受験 英語学習のポイント 重要英文は暗記すべき。」)が良く読まれています。

ただ、上記の記事は、重要英文を暗記することがいかに効果的か、という内容ですので、「これを覚えましょう!」という英文を紹介するものではありません。

そこで、独断で、「これは!」と思う英文をピックアップします☆私の授業では、覚えてもらっているものです。

1.There is no accounting for tastes.

意味:蓼食う虫も好き好き(十人十色)

直訳:人の好みは説明できない。

覚えるべき理由①there is no ~ing (~することは難しい)という動名詞の重要な構文が使われている!

②account for (説明する)という重要表現!

③有名なことわざである

2.It is no use crying over spilt milk.

意味:覆水盆に返らず

直訳:こぼれたミルクのことを嘆いても無駄である。

覚えるべき理由①it is no use ~ing (~しても無駄である)という動名詞の重要な構文が使われている!

②spill (こぼす)過去spilt・spilled 過去分詞spilt・spilledも覚えよう!

③有名なことわざである!

3.He is the last person to tell a lie.

意味:彼は(決して)うそをつくような人ではない。

覚えるべき理由①the last ~to・・・ :もっとも・・・しそうにない~

②うそをつく、という表現 tell a lie

③lastの部分が( )になって書かせる問題、選ばせる問題は基礎レベルでは頻出です。

 

これらは覚えて損することは絶対にありません。

いま覚えてみてください。

 

この記事を書いた人:東大卒 英語講師・キャリアコンサルタント 伊藤智子

■東京都品川区武蔵小山、神奈川県武蔵小杉等で直接、受験指導をしています。受験相談・学習相談をしたい方、大学受験指導のお問い合わせ等は、サービスのご案内のページをご覧いただいたうえで、お問い合わせください。