おはようございます!伊藤智子です。

いよいよセンター試験当日ですね。

受験生の皆さん、元気で最後まで頑張れるよう、心からお祈りしています。

 

 

当日、この記事にたどり着いたあなたに、力を発揮するための簡単な方法をお伝えします。

①緊張はうまく利用する

緊張しているかもしれないけれど、大丈夫。適度な緊張は、集中力につながります。

本番の緊張は、言い換えれば、「本番ならではの集中力」につながります。

②リラックスして不可能を可能にする

一方、緊張に身を任せすぎるのではなく、「緊張しても大丈夫」と思って、リラックスしていきましょう。

吸う息より吐く息をゆっくりして、「ふーー」とゆっくり息を吐きだすことは、自動的に神経を緩める効果があるので、おススメです。

それから、応援してくださった方々のことを思い返して、一人ひとりに感謝の気持ちを送ってみること。そうすると、意識を別の場所に向けることができ、緊張もほぐれていきます。

 

私が受験生の時、信じていたことがあります。

どこかで見たテレビ番組で、「アルファー波(リラックスしたときの脳波)の状態だと、昔覚えたこと(特にアルファ波の状態で覚えたこと)を思い出しやすい」というようなことを言っていたんですね。

これがどこまで正確な情報かは分かりません。でも、なるほどーと思った私は、それ以来、試験中に「わからない!ナニコレ!?」となった時に、いつも「リラックスすれば、頭の奥から答えが出てくるかもしれない」と思って、まず落ち着くことを優先しました。この手を使って、最初は絶対に解けないと思った、たくさんの問題を解き切ることができました。

良かったら参考にして、まずは落ち着いてみてください。

 

これまで頑張ってきた自分だから、きっと答えが見つかる!

そう思って、最後の1秒まで気持ちを強く持って臨んでいきましょう!

 

Good Luck!

英語講師・キャリアコンサルタント 伊藤智子

東京都品川区武蔵小山
東大・京大合格クオリティ 大学受験専門塾Dear Hope