<目黒・武蔵小山/全国オンライン 当塾のご案内はトップページからご覧ください。>

数学科担当より自己紹介

はじめまして、学習塾Dear Hope 数学科担当の伊藤大幸(いとう ひろゆき)です。

これまで、こちらのブログでは英語の話題を中心に書いてきましたが、数学についても何か役立つ情報を提供できればいいなと思い、今後、勉強法や受験に向けた対策について書いていきたいと考えています。

まず、簡単に自己紹介をさせていただきます。

私は、宮城県の仙台育英学園高等学校、東北大学工学部を経て、東北大学大学院の工学研究科を修了しました。大学1年生のときから大手学習塾で数学の講義を担当しました。

その後は、弁理士として特許業務に従事し、並行して数学の授業を行なってまいりました。しかし、次第に受講希望者が増えてきたことから、現在は学習塾Dear Hopeの専任講師となり、高校数学・大学受験数学の指導を行なっています。

長年、数学の指導を行ってきた経験から、高校数学の初学者が陥りやすい落とし穴とそこから抜け出す方法や、効率的な勉強法などについて、これからお話をしていきたいと考えています。

中学まで数学が得意だったのに、高校で苦手になる人は

この記事を読んでいるみなさんの中には、中学までは数学が得意(あるいは好き)だったのに、高校では苦手になってしまった、という方もいるのではないでしょうか。実は、私自身、そのタイプでした。

こういった方は、大きく分けると、(1)中学で得意だったから、きっと高校でも大丈夫だろう、と思い込んで、勉強の手を緩めてしまう場合と、(2)難しい問題に取り組まなければならないと考えてしまって、勉強が進まなくなってしまい、結果的に学校の進度についていけなくなってしまう場合と、の2つのパターンがあるように思います。

ちなみに私は、振り返ってみると、(1)、(2)の両方に当てはまっていたと思います。タチが悪いですね(笑)。

中学時代に数学が得意だった方は、おそらく、高校受験の直前期には過去問題や応用問題に取り組んでいたと思います。その感覚が抜けないでいると、高校に入ってから教科書を軽視し、難しい問題にばかり取り組んで挫折する、という回り道をすることになります。

また、中学では数学が苦手だったから、高校に入ってますます苦手に感じる、という方もいることと思います。

しかし、「数学ができるようになりたい」という気持ちを持っている限り、着実に成績を伸ばしていくことができます。実際に、中学では数学が苦手だったけれども、粘り強く取り組んでいるうちにいつのまにかできるようになっていた、という生徒さんを何人も見てきました。

高校数学の初学者に大切なこと 教科書レベルの問題のマスター

 高校数学の初学者にとって勉強で大切なことは、難しい問題を解くことではなく、教科書に記載されている事項を完全に理解することと、教科書レベルの問題を確実に解けるようにすることです。

このことは、2020年度の入試から採用される共通テストの記述式のサンプル問題を踏まえると、以前にも増して重要になってきていると感じます(詳しい勉強法については、改めて説明したいと思います)。

このため、中学時代に数学が得意だったがゆえに高校で基礎を疎かにしてしまい、結果的に数学が苦手になってしまう、あるいは、中学時代に数学が苦手だったがゆえに高校では基礎的な問題に重点的に取り組み、結果的に数学が得意になる、という逆転現象が生じるのです。

難しい問題は、受験の当日に解けるようになっていれば良いのです。焦って早い段階から取り組む必要はありません。まずは教科書と教科書傍用問題集に取り組みましょう。

数学の偏差値50から80へ 全統模試で200点満点

今は偉そうに(?)数学を教えている私も、高校2年生の夏ごろまでは、数学の成績はクラスの真ん中ぐらい、予備校の模擬試験の偏差値は、50台でした。

それでも、高校1年の秋頃に基礎の重要性に気づいて教科書傍用問題集を解き続けていった結果、高校2年生の秋に行われた河合塾の全統記述模試で、200点満点(もちろん全国1位です)を獲得することができました。

そして、高校3年生で応用問題や入試問題に取り組んで入試対策を行い、無事に現役で東北大学に合格することができました。入試本番では、6問中6問を完答できた手応えがありましたので、数学については満点かそれに近い成績で合格できたと思います。

ここで言いたいことは、もちろん自慢などではなく、基礎が重要であるということと、努力が成績に結びつくまでにはある程度の時間がかかる、ということです

 

それでは次回から、具体的な勉強法について説明していきたいと思います。少しでも、数学の勉強について今抱えている悩みを解決するヒントが提供できれば嬉しいです。

関連記事 私が模試の成績を上げたコツ

 

<目黒・武蔵小山/全国オンライン 当塾のご案内はトップページからご覧ください。>