学習指導の特徴

【形式】少人数・マンツーマンでの丁寧な指導で、確実に成績が向上します

少人数・マンツーマン指導で、一人ひとりを丁寧に見ることで、各人のレベルアップと志望校合格を果たしていけます。

生徒さんからは「どこに躓いているのか、すぐに見抜いてもらえる。」「いつでも質問できるので、わからないところがその場で解決できる。」「ほかの塾に何年通ても伸びなかった英語が、入塾1か月で力がついてきたのを感じた。」などのお声をいただいています。

入塾3か月~半年で、学校の点数が20点~40点アップ、校内順位が100番以上アップ(200人中)、入塾9カ月で模試の成績が44⇒64にアップ(同じ全統模試での比較)などの成果が出ています。

 

【内容】あいまいな理解を徹底的に排除し、英語力飛躍の土台を作ります

◆文法・構文把握の土台を重視。

土台ができるまでは(センター180以上になるまで)1文でも、曖昧な理解のまま終わらせません。少しでもあいまいな部分を残しながら進めてしまうと、後々、それが原因で英語力の伸びが頭打ちになるからです。文法の基礎をきちんと固め、英語力飛躍の土台を作っています。従って、書いて和訳させることを重視しています。

 

◆記述式問題の重視。(おもに国立の過去問を厳選)

上記の通り、和訳を重視しているのに加え、自由英作文・要約問題などを通して、ロジカルな説明力を鍛えています。

また、2020年度以降の大学受験生には、記述式が重視される大学入試改革を見据えた授業対応をしています。

◆読解力の強化。長文読解を通して要約力・文脈把握の力を鍛える。

難関大学の英語長文は、単語や文法の知識を覚えるだけでは読みこなせません。なぜなら長文は、英語で書かれた「文章読解問題」だからです。文脈を把握し、筆者の主張を正しく読み取る国語力が必要です。

そうした力を身に付けてもらうために、授業では必ず、長文解説の前に、生徒さんに内容を要約させるなど、読解力の強化をはかっています。

 

【関わり】勉強・進路・受験についての相談ができます

英語の成績を伸ばすことはもちろんですが、受験に向けては、受験校・学部選び、科目選び、各教科の勉強の時間配分など、さまざまなことを考えていく必要があります。

17年の受験指導の経験から、一人ひとりの現状と目的に合わせてアドバイスを行います。勉強面だけではなく、安定的な努力を支えるメンタル面についても、親身にご相談に応じています。

 

【思い】将来につながる受験をサポートします

受験生の皆様には、「自分史を彩る受験をしよう!」というメッセージをお伝えしています。大学受験は通過点の一つにしか過ぎませんが、自分で定めた目標に向けて一生懸命努力し、チャレンジするという経験は、その後の自分にとって、かけがえのない、大きな糧になります。

伊藤が大学受験向けの英語指導を始めて17年以上がたちます。この間、たくさんの受験生、合格者を見てきました。多くの卒業生が社会人になりました。

受験生を志望大学に送り出し、夢の実現をサポートすることを第一に考えていますが、同時に「受験は通過点の一つである。いつでもチャレンジはできる。」という見方の大切さも痛感しています。

私は、「有名な大学に合格さえすればよい。」とは考えていません。自分に合った進路をしっかり考えて、大学を選んでほしいと思っています。

受験期は、一人ひとりが、この先どのような人生を歩んでいきたいかを考える大事な時期です。生徒さん一人ひとりの人生、将来をとても大切に思っていますので、長期的な視点からアドバイスできるように、国家資格であるキャリアコンサルタントを取得し、進路指導に生かしています。