こんにちは!伊藤智子です。

今日から『合格に近づく!学習アドバイス』を書いていきたいと思います。

初めての方は、「ブログのご案内 はじめに」をご覧ください。

そもそもこのホームページは、大学受験を目指す人たちに、合格のヒントを届けたい、という思いで立ち上げました。

具体的な学習面だけでなく、安定的な努力を支えるマインド面のアドバイスもお届けしていきたいなと思います。

1回目の今日のテーマは『受験勉強で大切なこと』です。

 

受験勉強をしていくうえで、大切な考え方を書きたいと思います。

①基礎から固める。

受験に合格するために必要なことは、何だと思いますか?漠然と「難しい入試問題を解けるようになること」と思いませんか?

受験勉強において、まず目指すべきは、

「平均的な合格者が知っていることは、自分も知っている状態」

です。

言い換えると、受験で勝つためには、平均的な合格者が得点できる問題は、自分も得点できるようにすることが重要です。

難易度の高い情報を覚えて差を付けるのは、そのあとです。

ものすごくマニアックなことを知らなくても、きちんと合格標準レベルの内容を抑えていれば、「合格点は取れる」からです。

合格に必要なのは、限りなく満点を目指すことではなく、合格点を取ることです。

大学側も、その前提で出題しています。

それなのに、難しいことを知らないと合格できないと思って、基礎力がないうちから次々と新しい教材に手を出す人がいます。

難しいことをやっているほうが、「がんばってる感」「優越感」、それによる「安心感」が得られるものかもしれません。

でもここが落とし穴。

基礎力がないのに応用力は身に付きません。

 

ここで、入試問題を見てみましょう。

例えば設問が10問あるとして、その内訳は、

「4~5問は基礎レベル、2~3問くらいが合格者が知っておくべきレベル、2問くらいは解けなくてもよい難問」

という構成なのです。

学校にもよりますが、合格ラインはだいたい6~7割。

すると、まずクリアすべきは、基礎レベルの問題。それにプラスして、応用力を身につけておけば、合格に必要なあと2点が取れます。難問は、取れたらラッキーくらいの位置付けです。

だから、難問の2問に気を取られて、そこをクリアしようとしても、時間の無駄ですし、合格にはあまりつながりません。

土台から固め、合格者レベルが解ける問題は自分も解けるようにする、という方針で勉強することをお勧めします。

何が基礎レベルなのか、ということですが、ここでの基礎レベルというのは、例えば単語や文法問題なら、「どの教材、問題集にも共通して載っている典型的なもの」のことです。

勉強しているのになかなか成績が伸びない人を見ると、意外にも、難問に手を出そうとして勉強して、模試などでは基礎レベルの問題で失点している、ということがよくあるのです。

そして、基礎レベルの問題の失点を、あまり重視していない。

「あ、簡単なところで間違っちゃったから、まあ気にしなくても大丈夫。」とスルーして、軽く受け止めてしまいがちなのですが、実は、最終的に合否を決めるのも、実はこのようなタイプの失点なのです。

なぜなら、難しい問題は、ほとんどみんな解けないですからね。そこではあまり差がつきません。

だから、地道に思えると思いますが、基礎から固める、という王道を突き進みましょう。

②教材を次々と変えない。

関連することですが、むやみに次々と教材を変えないことも大事です。アレコレ教材や勉強法を変えてうまくいった人を、少なくとも私は見たことがありません。(レベルが合わない、目標に見合わない、などの明確な理由がある場合は、もちろん別です。)

「合格した先輩がいいと言っていたから。」

「頭のいい同級生が使っているから。」

「本屋で見たら、なんとなくこっちのほうが良さそうだから。」

という単純な理由で、次々と教材を変えないほうがいいです。

伸びない原因は、教材のせいではなく、やり方(繰り返す回数や勉強量)の問題です。そこを見直さないで、教材を変えても結局同じです。

長文問題集にしろ、単語帳にしろ、実は1冊の中に詰まっている情報は膨大です。

長文問題を1題解くだけでも、その中には、確認すべき構文、文法、単語は山ほどあるはずです。自分がいま取り組んでいる教材、授業から、最大限のものを吸収しようと思って取り組むことをお勧めします。

 

上記の話は、大学受験に限らず、学習全般にも通じます。

例えば資格試験なら、「有名どころの教材」が、書店にありますよね。

レビューなども参考にしながら、自分に合いそうなものを選びます。

学習内容が初心者なら、あまり難しすぎるものは避けましょう。

そして、その教材がある程度クリアできたら次の教材に行ってもいいし、その教材を軸として、知識の確認のために、問題集などを併用するのが良いと思います。

 

今日は以上です。何か参考になればうれしいです。

それでは、また!