おはようございます。伊藤智子です。

月曜日の朝ですね!今日もブログにお越しいただきありがとうございます。

初めての方は、「ブログのご案内 はじめに」をご覧ください。

 

今日は英文を一つ、ご紹介したいと思います。

本日の英文①

ブログでは、「本日の英文」というタイトルで、知っておいてほしい英文や、私の心に残っている英文などをご紹介していきます。

実は中高生の頃の私には、気に入った英文をカードに書き留めるというささやかな趣味がありました。

今日は昔のカードから、おひとつ。

この英文は、有名なことわざというわけではなく、英語の勉強をしているときに、心に残って書き留めたものでした。

A minute lost at a railroad crossing may save all the rest of your life.

 

どういう意味か、よかったらまずは考えてみてください。

では、そろそろ答え合わせを。

直訳は「踏切でロスした1分が、あなたの人生の残りすべてを救うかもしれない。」ですね。

この英文が伝えているメッセージは、どんなことだと思いますか?

少し意訳すると、「踏切で渡りそびれて時間を無駄にしてしまったと思っても、そのおかげで命を失わずに済むこともある。」という意味になります。

たった1分のために無理して渡ろうとしたら、電車に轢かれてしまいますもんね。

もう少し解釈を加えると、踏切で待ったおかげで乗るはずだった電車に乗れず、でもそのおかげで何かのトラブルを逃れられた、というような「塞翁が馬」というメッセージも含まれているのではないかと思います。

 

人生ではどんなことでも、予定通りに、うまく、効率よく進めばいいのに、と思います。

でもそうはいかないことも多くて、落ち込んだり、「あ~ぁ」って、思うこともありますよね。

けれど実は、思い通りにいかないことで、逆に自分が助けられていることもあるのかもしれない。

予定通りに行かなくても、気づかないところで、自分が守られていたのかもしれない。

そう思うと、「こうじゃなきゃだめだ」という硬い心がほぐれて、いまのありのままの現状に感謝できる気がします。

私自身、久しぶりにこの英文を見て、そんなことを考えました。

思い通りにいかないことがあっても、「このおかげで良い方向に行くかもしれない」と思えるポジティブさを、身につけたいものですね!

それでは、今日はこの辺で。

良い一週間を過ごしていきましょう!