おはようございます!伊藤智子です。

今日は珍しく、高1生、高2生向けに記事を書きます。

みなさんは、いつから自分は受験生になるのだろうか、と考えたことはないでしょうか。

言い換えれば、いつから受験勉強を始めたらいいのだろうか、ということになります。

高校3年生になったら、受験生なのだろうか。それとも、センター試験が終わった1月半ば、「次は自分の番だ」というタイミングで受験生になるのだろうか。それとも・・・?

私は、高校2年生の時は「いつから受験生なのだろう?」と、わりと考えた覚えがあります。

あとは「受験勉強とは何か。」「受験勉強と普段の勉強はどう違うのか。」ということもわからなくて、悩みました。

今日はそんなテーマで書きたいと思います。

 

いつから大学受験生?

世間一般に「受験生」と言えば、大学受験を目指す高3生、および浪人生のことを指しますね。

進学校や予備校などに通っていれば、高2の1月半ば、先輩のセンター試験が終わると同時に「次は君たちが受験生だ!」と言われることもあるかもしれません。

でも結論から言うと、いつから受験生になるかというのは、自分の意識の問題だと考えています。

「受験生」というのは、来るべき自分の大学受験に向けて、自分の生活をマネジメントし、エネルギーを勉強に注いでいく時期だと思うので、なにも高3になってからみんなと一緒に「受験生」になる必要はないのです。

自分の目標を考えて、その目標から逆算して、「この時期くらいから意識を変えて勉強しよう」と思うタイミングを見つけたら、そこから「あなたの受験生活」が始まるのです

ちなみに、上記の通り、私もいつから受験生になるのだろうかと考えていたわけですが、答えがよくわからないので、これは自分で決めるしかなさそうだな、と思いました。

高校2年生の時点ではすでに目標としては東京大学に行きたいと思っていたので、勉強しなくてなならない受験科目数が多いことはわかっていました。また私は一気にダッシュできるタイプではないので、慌てなくていいように、少し早めに受験生の意識に切り替えようと思いました。

高2の10月くらいがいいかなーと思っていた気がするのですが、10月は運動会や文化祭で忙しく、結局、年が明けた1月1日付けで受験生になることに決めたようでした。(日記で確認しました。)

自分で、決めよう

いま、この9月という時期にこの記事を書いたのは、現在高校1年生、2年生のみなさんにも考えてみてほしかったからです。特に2年生ですね。

周りに「もう受験生だぞ!」と言われて受験生の気分になるのと、「ここから自分は、受験生としての意識で生活していこう」と自分で決めるのとでは、やはり後者のほうがよほど気持ちよいと思います。

受験も「自分で決めて、自分で実行する」というプロセスがとても大事。

大学受験は志望校選びも含めて、特にそうだと思います。

(もちろん、アドバイスが欲しい場合や相談したいときは、いつでも周りに声を掛けてくださいね。ただ、実行部隊は自分ですからね)

次回は、「普段の勉強と受験勉強、何が違うのか」というテーマで書きますね。

 

それでは今日は、この辺で!

この記事を書いた人:東大卒 英語講師・キャリアコンサルタント 伊藤智子

■受験相談・学習相談をしたい方、大学受験指導のお問い合わせ等は、サービスのご案内のページをご覧いただいたうえで、お問い合わせください。