おはようございます!伊藤智子です。

2週間後の土日は、いよいよ2018年のセンター試験です。

今日は、本番うまくいくコツをお届けします!

本番うまくいくコツ

「本番に強い人」がいます。

そういう人の共通点があります。

それは、みな「自分は本番に強い。」と思っているということです。

受験生の皆さんは、自分のことを、どう思っていますか?

「本番に強い」なんて、まだ本番じゃないのに、どうしたらそう思えるのだろう?と思う人もいるでしょう。

これは、先に自分で言い聞かせて思い込むのが良いです。

自然とそう思えてくる方法は、自分で声に出して「自分は本番に強い!」と言うことです

「え、それだけ?」と思うかもしれませんが、まあ試しに、声に出して繰り返してみましょう。

気持ちが強くなってくると思います。

緊張しない方法

私が効果的だと思うのは、次の3つです。

①緊張を敵だと思わない

②呼吸法で緊張をほぐし自律神経を調える

③感謝の気持ちを思い起こす

本番で、緊張したらどうしよう。

本番で、頭が真っ白になったらどうしよう。

そういう不安が心に浮かんでしまうのもわかります。でも、まだそうなるかわからないのに、先に不安になるのも自由。一方、「自分は本番に強い!」と先に決めておくのも自由です。

多少の緊張は、集中力も高まって、良いものなんですよ。

緊張を敵だと思わなくていいのです。

「緊張しないように」ということに意識を向けるより、多少の緊張は役に立つ、と思っているくらいのほうが、自分の状態を意識しすぎなくてよいのではないでしょうか。

次に、吸う息よりも吐く息の時間を長くして、ゆっくり呼吸することは、ものすごく効果的です。呼吸には、自律神経(緊張と弛緩のバランスをとる役目を果たしています)を調える方法として、非常に効果があるのです。

 

それから、「感謝の気持ち」を持つことは、緊張や不安など、自分のことで頭がいっぱいになっているときに、心を解きほぐしてくれます。

これまでお世話になった人の顔を思い浮かべて、今日、受験にチャレンジできるところまで、自分を応援してくださったことに感謝の気持ちを向けていると、緊張を忘れてしまうこともあります。

 

本番が、最大瞬間風速!

私はいつも、「自分は本番に強い」どころか、「本番に最大瞬間風速を吹かせる!」と思ってきました。

実際、結果としていつもそうなっています。

どうしたらそうなるか、ということですが、特別なこと、不思議なことではないのです。

「最後の模試」から本番まで、日数がありますよね?

その日数、毎日勉強してきたわけですよね?

その分、伸びているに決まっていますよね?

さらに、本番は緊張して集中力も高まりますよね?

だから本番が一番、出来が良いのは当たり前なのです!!

本番直前の1日は、それまでの1週間くらいの濃さがあります。

もちろん、これまでも一生懸命やってきたでしょう。

でも、その知識が有機的につながって、点と点が線になり、面になり、立体になる、という状態になると、理解できる速度が速まり、いままで5時間かかっていたことが30分~1時間くらいで習得できたりします。

だから、直前のこの2週間も、人によっては2~3か月分くらいの濃さにできるのです。

それだけあったら、別人のように飛躍できる人もいますよね。

だからね、最後の模試の結果も、それは本番の結果ではないのです。一生懸命やっている人にとって、本番が最高点なのは当たり前。

そう思って、安心して、1日1日大事に過ごしましょうね!

 

もし、受験生の方で、何か相談してみたい、ということがあれば、こちらのお問い合わせフォームからメッセージください。お答えできることであれば、ブログで、または直接、お返事させていただきます!応援しています!

 

この記事を書いた人:

東大卒 英語講師・キャリアコンサルタント 伊藤智子

■東京都品川区武蔵小山で直接、受験指導をしています。受験相談・学習相談をしたい方、大学受験指導のお問い合わせ等は、サービスのご案内のページをご覧いただいたうえで、お問い合わせください。