高校1・2年生

指導科目

英語・数学・物理・小論文

テキスト

塾用教材と当塾オリジナル教材を併用します。

指導方法

  • 少人数クラス
  • マンツーマン(1対1/1対2)
  • オンラインでのマンツーマン(1対1/遠方塾生向け)
通常授業

大学受験に通用する確実な土台をつくります。「効果的な学習法」についての指導も行い、自律学習の習慣も身に付けていきます。

定期テスト対策

通常授業におけるテスト対策定期テストに向け、各人の学校の進度に対応した確認テスト等を行います。定期テストの2週間前からは、テスト範囲の復習や頻出問題をマスターできるように授業を構成しています。 追加受講によるテスト対策通常授業では受講していない科目の授業をマンツーマンで追加受講して、集中的にテストに備えることも可能です。

英検・TEAP対策

2020年度からの大学入試改革にともない、英検等の英語の資格試験の重要度が増しています。当塾では、英語の通常授業において英検等の過去問も扱い、英語の資格試験にも対応できるよう配慮しています。さらに、予想問題演習、リスニング特訓、スピーキングテスト対策の追加受講も承っています。

新大学入試対策

2020年度より、センター試験が廃止され、「思考力・判断力・表現力」を問うための記述式の問題が入った「大学入学共通テスト」が導入されます。また、各大学の個別試験も多様化します。こうした大学入試改革に対応するため、通常授業で記述式の問題を多く扱うほかに、定期的に特別講座を開催し、「要約の方法」「自己推薦文の書き方」「小論文の書き方」などのテーマを扱取り上げ、添削指導を行っています。

通塾の成果

高校1年生男子(英語・少人数グループ)

自分でコツコツ勉強をしていはいたが、英語は苦手でわからなくなる一方で、模試の偏差値も40台になり入塾。中学英文法にまでさかのぼり、躓いているところを埋めることにより、短期間で成績が向上。
入塾時は偏差値40台、3か月後に55.2、半年後に67になり、英語に自信が持てるようになり、いっそう勉強に前向きになりました。

高校1年生男子(数学・マンツーマン)

学習進度の速い中高一貫校で、数学のスピードについていくことができず、クラスでも最下位近い状態に。入塾後、塾の授業が非常にわかりやすく、指導に従って勉強した結果、安定的に高得点が取れるようになり、クラス1位にまで向上。

高校1年生女子(物理・1対2)

理系志望だが、学校の授業がわからず、自分ではまったく理解できず困っていたため、試験前に集中的に対策授業を受講、90点台を取れるようになり、クラスでもトップに。

高校2年生男子(英語・マンツーマン)

どの教科も得意ではないため、まずは英語を伸ばして得意教科にしたいと考え入塾。全統模試での比較では、4か月で英語偏差値47.2→57.6。9か月後、偏差値64にまで伸び、遠い目標だった志望校が射程圏内に!