こんにちは!
品川区武蔵小山/全国オンライン
学習塾Dear Hope塾長の伊藤です。

今日は、京都大学 工学部に合格された塾生の合格体験記をお届けします。

(京都大学公式サイトより)

体験記にもあるように、Mくんは、昨年の前期試験が終わった翌日に、入塾相談に来てくれました。それから1年、学力面も精神面も大きく成長され、見事に、受験校全て(慶應義塾大学理工、早稲田大学先進理工など)にパーフェクトで合格されました!
本当におめでとうございます。

来年以降の受験生の皆さんにも、ぜひ参考にしていただきたい内容です。

京都大学 工学部 合格体験記

入塾のきっかけ

現役時、試験終了後落ちたことを確信したため、国立二次の試験日の翌日に連絡させていただきました。合格発表後、落ちたことを確認した後で、実際に体験授業を受け、何より数学、英語ともにわかりやすく、また家から通いやすいこともあり、入塾させていただきました。

授業の感想(英語)

長文読解を先生と一緒にやる際、本文の難解な部分を先生がただ解説するのではなく、まず僕にどういう意味だと思うかを考えさせて、イメージできるかを一つ一つ確認していく授業スタイルが刺激的でした。以前は自分の知らない単語の意味を前後の文脈から想像するということが苦手でしたが、先生の授業のおかげで、苦手意識がだんだん薄れていきました。どんな入試問題であっても、本文に出てくる単語が全部わかるということはまずないので、日頃から想像するという訓練をしておくことで、本番わからない単語が出てきても焦らず解けました。
また12月ごろから、過去問の英作文の添削をしていただき、意味が伝わらないわけではないけれど、不自然な表現などを指摘してもらったのはすごく勉強になりました。 

授業の感想(数学・物理)

自分では思いつかない別解をいくつか紹介していただいたことで、一つの問題であってもいろんな捉え方があるのだなと思えました。僕はそんなに数学が得意ではなかっので、数学ができる人が、どのような思考プロセスを経て問題を解いているのかを知ることができ、とても参考になりました
また、模試を受けた後に、その模試の講評をしていただいたことで、とるべき問題がどれなのか、何点ぐらい取れてればいいのかがわかり、模試の復習をする際にも役立ちました

質の高い授業を受けることができたことに加え、勉強以外のアドバイスをしていただけたのが良かったと思っています。僕は、本番すごく緊張するタイプであったので、緊張を紛らわす方法や、入試本番の心構えなどを教えていただき、程よい緊張の中で、試験を受けることができたので、本当に感謝しています。ありがとうございました。

受験を振り返って

よく言われることですが、受験は長いようで短く、常にやるべきことはたくさんあります。限られた時間の中で、やるべきことを毎日こなしていくことで、少しずつ実力がついてきて模試の結果にも表れてくるんだなと思いました。また、浪人したことで、現役時の勉強が甘かったことがわかりましたし、勉強量も全然足りていなかったことに気づくことができました。今までは全くしてこなかったのですが、浪人して、勉強以外の点においても自分を客観的に捉え、見つめ直すようになったので、浪人生活は大変でしたが、いい経験になりました。

最後に

第一志望の大学だけでなく、現役時には落ちた大学にもリベンジできたのは、ほんとに先生方のおかげだと思っています。共通テスト前にお守りを贈っていただいたり、入試前日に、LINE上で、メッセージをいただいたことで、絶対受かってやると思えました。正直、今でも受けた大学、全てに合格できたことは、信じられません。
本当にありがとうございました

Mくん、改めて、本当におめでとうございます。大学では専門性を高めて、ぜひ活躍の道を拓いていってください。

学習塾Dear Hopeへのお問い合わせは、HPトップページより、お願いいたします。



学習塾Dear Hope塾長。東大卒英語講師、キャリアコンサルタント