合格者の声

大学受験 合格者の声

東京大学  理科Ⅱ類  現役合格 男子

高校に入ってから英語が伸び悩んでいるのがネックでした。もともと学校の友達からこの塾を勧められ気になっていましたが、高2の夏までは部活が忙しく、部活が終わる高2の秋から通い始めました。
入塾してみると、英語がすぐに伸び、その後もずっと伸び続けました。東大入試本番でも、英語が一番の得点源になり、合格することができました。
東大入学後の英語の授業のクラス分けは、受験の時の成績で決まるのですが、おかげさまで上位3分の1に入ることができました。
やはり入塾した時に、まず文法をイチから、細かいところまで丁寧にやってもらえたのが良かったです。東大レベルの過去問演習に入ってからも、隅から隅まで、理解していないところを残すことなく解説してもらったのが良かったです。英語の受験勉強は、自分であれこれやることもなく、塾の勉強がメインでした。
少人数なので、分からないところをその場ですぐに質問で、曖昧なところを残さずに勉強できました。
合格できたのは先生のおかげです。本当にありがとうございました。


東京工業大学 第5類 現役合格 男子

大学受験に向けて高校2年から英語と数学を受講しました。英語については僕は受験生になっても、なかなか英語をやらず迷惑かけたと思います。それでも先生が見ていてくれたおかげで、足を引っ張る科目であるどころか、できる方の科目にすることができました。先生たちの、生徒を純粋に思う心のおかげで、僕もここまでこれたのだと思います。本当にお世話になりました。


京都大学 工学部 男子

現役時、試験終了後落ちたことを確信したため、国立二次の試験日の翌日に連絡させていただきました。合格発表後、落ちたことを確認した後で、実際に体験授業を受け、何より数学、英語ともにわかりやすく、また家から通いやすいこともあり、入塾させていただきました。
質の高い授業を受けることができたことに加え、勉強以外のアドバイスもしていただけたのが良かったと思っています。僕は、本番すごく緊張するタイプであったので、緊張を紛らわす方法や、入試本番の心構えなどを教えていただき、程よい緊張の中で、試験を受けることができたので、本当に感謝しています。
第一志望の大学だけでなく、現役時には落ちた大学にもリベンジできたのは、ほんとに先生方のおかげだと思っています。共通テスト前にお守りを贈っていただいたり、入試前日に、LINE上で、メッセージをいただいたことで、絶対受かってやると思えました。正直、今でも受けた大学、全てに合格できたことは、信じられません。
本当にありがとうございました。 (合格体験記全文はこちらです)


慶応義塾大学 理工学部 現役合格 女子

長い間お世話になり、本当にありがとうございました。私は私立の中高一貫校に通っていたので、大学受験に向けて中学3年の冬から英語・数学、高3になってからは物理も受講しました。私は英語があまり好きではなかったので、伊藤先生に教わっていなかったら、英語から目を背けていたと思います。
先生方は、気さくで、勉強・志望校などについて相談しやすく、授業も丁寧で分かりやすく、勉強への苦手意識も減りました。
また、数学と物理は、大学に入ってからの授業でとても役に立っています
塾の授業は大人数ではないので、周りを気にせず、分からないところでは立ち止まって考えられるところや、先生に気軽に質問や相談ができるところが良かったです。
毎回テストもあり、程よい緊張感で授業を受けられました。
最後まで親身になってご指導いただき、本当に感謝しています。ありがとうございました。


早稲田大学 文化構想学部 現役合格 女子

少人数だからこそ、自分のレベルに合わせた授業を受けられて良かったと思います。学校で教わったことを定着させることが出来るだけでなく、+αのことも学べました。夏期講習や冬期講習などの講座も、自分が伸ばしたいことに特化した内容を選ぶことができ、効率良く学べました。
入塾後、文法はもちろん、長文を読む速さも上がり、学校の成績や英検などでもスコアが上がりました。帰国子女が多く、英語の授業が難しい学校でしたが、苦労することは無くなりました。受験を振り返って思うことは、文系の人にとって英語は本当に大事だと感じました。英語が出来なければ高3で英語に時間を費やすことになり、他の科目に手が回らなくなってしまうので、高2までに英語に自信を持てるくらいになれていたことが私は良かったです。


慶應義塾大学 商学部 現役合格 男子

授業は丁寧で分かりやすく、質問もその場ですぐに出来るので、分からなかったところがすぐに理解でき、成長を実感できる授業でした。
塾の授業で扱う問題の難易度は、自分の実力+αという感じで、頑張れば解けるレベルのやりごたえのあるものでした。英語の成績は、高2の末くらいに、ある程度、安定してきたので、それ以降は苦手な数学に力を入れて、英語は現状維持と苦手分野の克服に努めました。
受験に向けて大変だったことは、モチベーションの維持です。長い受験勉強のストレスや、努力しても確実に合格するとは言えない不安に押しつぶされそうになりました。伊藤先生には、勉強面はもちろんですが、精神面でもかなり支えてもらいました。
国語や社会が出来なくても合格した人は知ってますが、英語が出来なくて合格した人は知りません。特に上位校では英語がますます重要になってきます。毎日、少しでもいいので英語に触れることが合格への近道だと、これから受験される方には伝えたいです。


ICU 国際基督教大学   現役合格 女子

 先⽣たちには勉強⾯ではもちろんですが精神的にも、とても⽀えていただきました。
 ⼤学受験は想像以上に精神⼒が必要で、⾃分のできていないところにばかり⽬がいっては不安になる私に対して、先⽣⽅は成⻑しているところを⾒つけて⾃信を持たせてくださったり、ご⾃⾝の経験を踏まえたアドバイスをくださったりしました。志望校選択や勉強の進め⽅について何度も相談に乗っていただいたことにも本当に感謝しています。

【英語】前に通っていた塾では多すぎる宿題が出て、「こなす」ことしかできていませんでしたが、Dear Hopeでは私に必要な教材を厳選してくださったため授業や宿題の復習に時間を充てることができました。直前期に過去問の英作⽂の添削を何度も⾒ていただき⾃信につながりました。
【数学】伊藤先⽣がとても楽しそうに公式成⽴の背景など深いところから教えてくださったため、数学へのハードルが下がり、数学の⾯⽩さを知ることができました。同時に、深く理解したことで⼀度公式を忘れてしまっても⾃分で組み⽴てることができ、全く解法がわからなかった難問に対しても⽴ち向かえるようになっていきました
【国語】答えが⼀つとは限らない要約の添削の際は、私の答案を踏まえてその要素を含んだ解答を作ってくださったため、⾃分に何が⾜りていないのか、どの部分をどう変えれば良いのかということが明確にわかり、効率よく⼒をつけられたと感じています。

 この受験では、⾃分のできていないことに向き合うことの⼤変さと、努⼒したことがじわじわと⼒になっていく喜びのどちらも経験することができました受験勉強の過程の中ですでに、成⻑できている、良い経験をできている、という実感を持てていたのは、Dear hope に通っていたからこそだと思います。今までありがとうございました。


東京学芸大学 教育学部  現役合格 男子

今思えば、先生がいらっしゃらなかったら、僕は塾に行くことすらなかったと思います。小学生の時の塾での経験でトラウマがあった僕を、先生の塾に誘ってくださったことを、今とても感謝しています。もし僕が先生の塾に行ってなかったら、第一志望に受かることができたかどうか、そんなことを考えると今でもヒヤリとします。


青山学院大学 法学部 現役合格 女子

伊藤先生の塾に通ったおかげでここまで英語力が伸び、大学に合格できたと思います。本当にありがとうございました。英検受験の時も、TEAP受験の時もライティングが不安で何度も添削してもらい、そのおかげで英作文が得意になりました。青学(法)の入試でも英作文があり、しっかり書くことができました。伊藤先生は穏やかで優しく、先生のわかりやすい解説や教室の雰囲気のおかげで、塾に通い続けられました。アットホームな雰囲気で、教室はとても居心地がよかったです。集団授業ではしにくい質問もしやすく、わからない問題はすぐに理解できました。


法政大学 文学部 現役合格 女子

高3になってDear Hopeに入塾するまで部活漬けの日々でした。入塾するまでは、基本的なことが出来ていないのに、学校の周りの友達と同じような勉強をしようと、実践的な問題集やレベルの高い英語の長文の問題集などを色々買って、数をこなしていましたが、力がつきませんでした。Dear Hopeでは、基本を固めることと、繰り返し同じ問題を解くことが重要だと学びました。入塾後は、先生の指導の下、まず文法の基礎からやり直しました。その結果、自分でもはっきりわかるくらい英語が伸びました。間違えた問題についてもミスの原因を理解しやすくなった上に、単純な文法ミスも減りました。
Dear Hopeに入ることができ、英語力が伸びただけでなく、受験の不安を気軽に相談出来る先生に出会えたことが受験の支えでした。私は受験は1人で乗り越えるものではなく、信頼出来る先生や家族、友人の支えがあってこそ乗り越えられるものだと思います。ここで出会えた先生方、ここで共に学べた友人の支えがあったからこそ合格できたと思います。本当にありがとうございました


日本女子大学 人間社会学部 現役合格 女子

中学1年生から高校3年生までお世話になりました。中学の時は基礎学力をつけるために通い、高校になってからは指定校推薦を意識して勉強しました。英語は高3になるときに週2回通うようにしてからさらに成績が上がり、高校3年生の時が一番成績が良かったです。塾の授業では、指定校推薦を目指していた私のために、学校のテスト対策などを中心に行っていただき、わからないところを丁寧に教えてもらいました。英単語を覚えるのが苦手だった私に、毎週、範囲を決めてテストをしてくださるなど、私に合った授業をしていただきました。指定校推薦に向けて高校2年生のはじめから意識を持って勉強しました。順調に成績は上がり、最初は「平均点より上」が目標だったのが、「平均点+10、+15」が普通になってきて、一番成績が良かったのは高校3年生です。高校3年生になるときに通塾を週に2回にしたところ、さらに成績が上がりました。英語の試験で98点を取り、クラスだけでなく学年でもトップになりました。受験を振り返ると、学校のテストを頑張って志望校に合格できたので、私には指定校推薦が合っていたし、指定校推薦を目指して良かったと思います。


桜美林大学 健康福祉学科 AO入試 男子

学校のテスト対策と大学受験のために、英語を週2回、数学は中間・期末試験前に受講しました。以前は、英語をまったく理解していなくて、自分はダメなんだと思っていました。でも、ここでの勉強を通じて、「自分もやれば変わるな」という気持ちになりました。

この塾に来る前にも、個人塾に行っていましたが、そこではあまり勉強が進まず、成績も下の方でした。親に勧められてこの塾に来ました。入塾後は成績がすごく上がったので、自分でも成長を感じることができました。

ここでは、教え方が、細かいところまで丁寧で、わかりやすかったです。
以前は、まったく理解していなくて、自分はダメなんだと思っていました。
でも、ここでの勉強を通じて、「自分もやれば変わるな」という気持ちになりました。理解できることが、楽しくなりました。高3の夏前に、AO入試もチャレンジしてみることに決めました。AO入試では、自己推薦文が必要だったのですが、最初は全く書けなくて。でも、とにかく、書く順番は気にせずに、書こうと思うことをリストアップしてみました。塾では、それをもとに指導してもらって、すごく、助かりました。自分の中から、書きたいことを引き出してもらった、という感じがすごくありました。

AO入試にチャレンジする後輩へのアドバイスは3つあります。
①自分で調べる。
出願の条件や、日程など、細かい情報が色々ありますが、人任せにせず、とにかく自分で調べることが大事だと思います。
②準備は早く。
論文の提出など、早め早めにやっておくことが大事です。特に、行きたい大学に複数回チャンスがあるなら、最後まで出願する前提で、書類の準備はしたほうがいいと思います。
③1回落ちてもあきらめるな。
自分は1度目はダメで、2度目で合格しました。2回目の出願の準備をしていなくて、その期間に部活の大事な試合などあって忙しく、一瞬、もう一般入試で行こうかとも思いましたが、ギリギリでも頑張って出願してよかったです。
塾での授業は、先生たちが、丁寧に、やさしく教えてくれました。とにかく分かりやすいのが良かったです。わからないところを1からひとつひとつ丁寧に教えてくれたので、すごく助かりました。ありがとうございます。本当に助かりました。

入塾等のお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。